アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「京都」のブログ記事

みんなの「京都」ブログ

タイトル 日 時
京都マラソン2013 平成25年3月10日
京都マラソン2013 平成25年3月10日 早春の古都を駆け抜ける第2回「京都マラソン2013」が催されました。 右京区の西京極陸上競技場をスタートに左京区の平安神宮前をゴールとして、嵐山から広沢池を通るコースで大勢のランナーが参加されました。 沿道にはたくさんの市民が応援していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/10 14:37
初ゑびす 平成25年1月9日
初ゑびす 平成25年1月9日 京都東山にあります恵美須神社の宵ゑびすに行き、今年の福をお願いして来ました。 商売繁盛の神様の「ゑべっさん」と親まれていて、福笹を買い求める大勢の参拝客で混み合っていました。 本殿を正面からお参りした後、本殿の左手の壁の板をトントンと叩いてお参りもします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/09 23:13
五山の送り火 平成24年8月16日
五山の送り火 平成24年8月16日 五山の送り火が京の夏の夜空に浮かびあがりました。 京都では、お盆にご先祖様を、六波羅珍皇寺で迎えの鐘をつきお迎えし、五山の送り火でお送りします。 静かに手を合わせ、お送りしました。 送り火が終わると、暑かった京都の夏もそろそろ終わります。 日中は酷暑が続いていますが、夜になると、いつの間にか、庭ではもう秋の虫が鳴き始めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/16 23:31
京都マラソン2012 平成24年3月11日
京都マラソン2012 平成24年3月11日 東日本大震災から1年、復興支援を掲げて、京都市内で初めて市民参加型フルマラソン「京都マラソン2012」が開催されました。 14,093人のランナーが西京極陸上競技場をスタートし、嵐山、仁和寺、金閣寺など世界遺産付近や鴨川河川敷から都大路を経て、平安神宮前まで駆け抜けました。 参加費の一部と会場の義援金が被災地に送られました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/11 15:55
五山の送り火 平成23年8月16日
五山の送り火 平成23年8月16日 お盆で迎えたご先祖の霊を送る京都の行事「五山の送り火」が京都を囲む山々で灯されました。 午後8時に東の山から西の山へと、「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の順に灯りました。 東の空には、ちょうど立待月が出ていました。 そっと手を合わせ、ご先祖様をお送りしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 21:52
夏越の祓え 平成23年6月30日
夏越の祓え 平成23年6月30日 今年ももう半年が過ぎようとしています。 過ぎ去った半年に感謝し、残りの半年の無病息災を祈願する「夏越の祓え」の神事が車折神社でも執り行われ、茅の輪くぐりをしました。 この日、京都では「みな月」という氷に見立てた三角形の和菓子を食べる風習があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/30 14:06
初ゑびす 平成23年1月9日
初ゑびす 平成23年1月9日 東山にある恵比須神社の宵ゑびす祭にお参りに行き、今年の福をお願いして来ました。 「ゑべっさん」と親しまれている神社では、残り福をいただく12日まで、吉祥笹を買い求める参拝者で、夜遅くまで賑わいます。 本殿をお参りした後、左手に回って、トントンと木の壁を叩きます。えびす神は耳が遠いので、そんなお参りの仕方をします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 22:09
大根焚 平成22年12月9日
大根焚 平成22年12月9日 鳴滝にある了徳寺の大根焚(だいこだき)に行ってきました。 750年前、親鸞聖人が鳴滝の地でお念仏の教えを説かれた時、村人達はそのお礼にと大根を焚いてもてなしたと伝えられています。 境内には準備された大根が並び、その奥では、釜いっぱい美味しそうに焚きあげられた大根から、ゆげが上がっていました。 お参りを済ませてから、味がよくしみた温かい大根を頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 21:19
佐野籐右衛門さん講演会 平成22年10月30日
佐野籐右衛門さん講演会 平成22年10月30日 さくら博士の佐野籐右衛門さんの講演会が、コミュニティー嵯峨野で催されました。 16代目の籐右衛門さんは京都の丸山公園やドイツ・ロストックなど内外の桜を育てておられ、京都迎賓館作庭に携わられました。 桜への思いを、熱く語って下さいました。 昭和3年のお生まれですが、たいへんお元気で、1時間半の講演中、休憩もされず、お立ちになったままでお話しして下さいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:41
京都きものパスポート 平成22年10月1日
京都きものパスポート 平成22年10月1日 凌ぎやすくなってきました。 今年も「きものの似合うまち・京都」と題して、「きもの姿の方々にやさしいまち」を作る取り組みで「京都きものパスポート」が発行されました。着物を着て、パスポートをご提示いただくと各所で優待を受けられます。 当店も、参加協力店として掲載されています。 着崩れレスキューもさせていただきますので、ご来店前に、ご連絡の上、お越し下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/01 20:22
五山の送り火 平成22年8月16日
五山の送り火 平成22年8月16日 お盆に迎えた精霊を送る五山の送り火が、夏の夜空に灯されました。 午後8時に東山の大文字、続いて妙法、船形、左大文字、そして8時20分に右京区曼荼羅山に鳥居形が灯されました。 そっと手を合わせご先祖を送りました。 暑かった京都の夏もそろそろ終わりを迎えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 20:00
祇園祭 山鉾巡行 平成22年7月17日
祇園祭 山鉾巡行 平成22年7月17日 一ヶ月にわたり「祇園祭」が行なわれています。 疫病退散を祈った八坂神社の神事が祇園祭の始まりで、1100年以上の間、受け継がれています。 今日は、梅雨明けの真っ青の空の下、山鉾巡行が行われました。長刀鉾を先頭に、懸装品で飾られた32基の山鉾が、祇園囃子を奏でながら、ゆっくりと、都大路を巡行しました。 宵山と、鉾の巡行デザイのハンカチを、お取扱い致しております。1枚520円で、インテリアとしても素敵です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/17 16:41
貴船神社 水まつり 平成22年7月7日
貴船神社 水まつり 平成22年7月7日 貴船川の川辺の涼しい風を感じながら、緑に囲まれた参道を進み、朱色の鳥居や灯ろうが並んだ石段を上がると、貴船神社の門がありました。 本殿では、水の恵みに感謝をこめて、水まつりが執り行われ、献茶や、古式にのっとった鯛や鯉の料理の式包丁、舞楽の奉納がありました。 境内には、参拝者の願いの書かれた色とりどりの短冊が梅雨晴れの風に揺れていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/07 22:27
夏越の大祓 平成22年6月30日
夏越の大祓 平成22年6月30日 今年もちょうど半年が過ぎようとしています。 過ぎ去った半年に感謝し、残り半年の無病息災を願って、車折神社へ茅の輪くぐりのお参りをして来ました。 また、京都ではこの日、水無月という和菓子をいただきます。 昔、宮中では暑気払いに氷室の氷を口にしたと伝えられ、庶民は氷に見立てた三角の菓子を食べたことに由来するそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 23:27
初弘法 平成22年1月21日
初弘法 平成22年1月21日 南区の東寺の初弘法に行って来ました。 あいにくの雨とあって、お参りに来る方は、やや少なめでしたが、今年、初めての弘法さんで活気に満ちていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 17:39
初ゑびす 平成22年1月9日
初ゑびす 平成22年1月9日 四条通りの縄手通りを南に下がった京都恵比須神社にお参りに行き、今年の商売繁盛をお願いし、商売繁盛の吉祥笹を買い求めて来ました。 本殿をお参りした後は、必ず、本殿の左手横の板をトントンと叩いてお参りします。ゑびす神は耳が遠いので、お願いを聞いて貰うため、叩くのだそうです。 宵ゑびす祭で、大勢の参拝の人達で混み合っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 23:19
五山の送り火 平成21年8月16日
五山の送り火 平成21年8月16日 お盆に迎えた精霊を送る五山の送り火が、京の夏の夜空に赤々と灯りました。 午後8時から大文字、妙法、船形、左大文字と順に灯り、いよいよ8時20分、右京区曼荼羅山に鳥居形が赤々と浮かび上がりました。 広沢の池の畔から手を合わせ、ご先祖様を送りました。 夜空を焦がした送り火が終わると、京都では、そろそろ夏の終わりを迎えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/16 23:12
長岡天満宮のキリシマツツジ 平成21年4月22日
長岡天満宮のキリシマツツジ 平成21年4月22日 阪急京都線、長岡天神駅で下車し、西口から天神通へ。屋台で売られている掘りたてのタケノコを見ながら10分ほど歩くと、長岡天満宮の大鳥居が見えてきました。 参道を彩る鮮やかな赤のキリシマツツジは、市の天然記念物でちょうど見頃でした。 爽やかな風を心地よく感じながら、八条ヶ池のほとりをのんびりと散歩しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/22 21:46
初ゑびす 平成21年1月9日
初ゑびす 平成21年1月9日 東山の恵美須神社(ゑべっさん)の宵ゑびす祭りに行き、今年の福をお願いして来ました。 商売繁盛の吉祥笹に縁起物を付けてもらう人たちで夜通し賑わっていました。 本殿にお参りした後、左側に回って横の板をトントンと叩いてお参りをするのが、ゑべっさんのお参りの仕方です。ゑびす神はご高齢で耳が聞こえにくいので、耳元でお願いを聞いてもらうためだそうです。 残り福を頂く参拝者で、12日まで賑わいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 19:53
京都きものパスポート2008 平成20年11月1日
京都きものパスポート2008 平成20年11月1日 もう11月。カレンダーもあと残り2枚となってしまいました。 「京都きものパスポート2008」が先月よりスタートしました。きもの姿にやさしい京都情報が満載です。是非、秋の京都をきもの姿でどうぞ。今年から1年を通して使えるようになりました。 当店、着くずれレスキュー店に登録いたしております。嵐山散策中に着くずれでお困りの際は、お直しをさせて頂きます。どうぞご来店前にご連絡下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 14:32
五山の送り火 平成20年8月16日
五山の送り火 平成20年8月16日 お盆にお迎えした先祖様を送るため、京都を囲む五山に送り火が灯されました。 鳥居形の送り火を渡月橋の畔で拝むことができ、静かに手を合わせました。 はるか東方向に大文字が拝め、また渡月橋の東詰めでは灯籠が流されました。 お盆の行事も終わり、京都にもそろそろ秋の気配がしてきました。日中は残暑が厳しいですが、夜にはもう、秋の虫が鳴き始めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/16 23:07
祇園祭 山鉾巡行 平成20年7月17日
祇園祭 山鉾巡行 平成20年7月17日 日本三大祭、祇園祭の山鉾巡行が繰り広げられました。1ケ月に及ぶ祭りのハイライトで、動く美術館と言われ、山鉾の周囲を飾る胴懸は豪華で、29基の山鉾は重要有形民族文化財に指定されているそうです。 長刀鉾を先頭にくじ順に巡行が始まります。山鉾の向きを変える「辻回し」は豪快です。割り竹を敷き水を撒き、その上を直径2mほどの車輪を滑らせ、引き手が一気に向きを変えます。縄絡みで組まれた鉾がしなります。 新町御池の交差点で見ることが出来ました。暑い中出掛けて行った甲斐がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/17 19:52
初ゑびす 平成20年1月9日
初ゑびす 平成20年1月9日 ゑべっさんで親しまれている京都恵比須神社の宵ゑびす祭にお参りに行き、今年の福をお願いして来ました。 商売繁盛の吉祥笹を買い求める人達で夜通し賑わっていました。 本殿のお参りを済ませた後、左手奥にある板の壁を、トントンと叩いてお参りします。これはゑびすさんの耳が聞こえにくいので、そんな風にお参りするのだと言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 23:55
平成19年10月17日 西陣織「モネの睡蓮」
平成19年10月17日 西陣織「モネの睡蓮」 上京区にある西陣織工芸美術館「松翠閣」へ行って来ました。昭和初期に建てられた町家の美術館で、西陣織で織られた屏風や掛け軸が展示されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/17 21:20
平成十九年八月十六日 鳥居形送り火
平成十九年八月十六日 鳥居形送り火 お盆に迎えた精霊を送る五山の送り火が午後8時に大文字(如意ヶ岳)、続いて妙法(松ヶ崎西山、東山)船形(船山)左大文字(大文字山)が赤々と灯り、いよいよ8時20分、鳥居形の松明の火が右京区の曼荼羅山に灯されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 17:48
平成十九年八月一日 愛宕神社「千日詣り」
平成十九年八月一日 愛宕神社「千日詣り」 千日詣りの残り福を頂きに、早朝、愛宕さんへ登りました。下りの参詣者と、すれ違う度に「お下りやーす」「おのぼりやーす」と挨拶を交わします。 2時間ほどかかってようやく山頂の神社にたどり着きました。 お参りの後、今回、下りは8合目から、水尾方面へ下り、自治会バスにJR保津峡駅まで乗り、嵯峨嵐山まで帰って来ました。心地よい疲れと達成感でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 17:51
平成十九年七月二十五日 鹿ケ谷かぼちゃ供養
平成十九年七月二十五日 鹿ケ谷かぼちゃ供養 左京区鹿ケ谷の安楽寺で、毎年7月25日にかぼちゃ供養が行われています。 江戸時代、この寺の住職は「土用の頃に鹿ケ谷かぼちゃを供養し、それを食べれば中風にならない」というお告げを授かり、以来200年にわたり続いているそうです。 白や紫の桔梗の咲く庭を見ながら、かぼちゃを頂いてきました。梅雨明けのからりとした風が心地よく吹き渡りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 17:52
平成十九年六月三十日 夏越の大祓え 茅の輪くぐり
平成十九年六月三十日 夏越の大祓え 茅の輪くぐり 早いもので、もう今年も半年が過ぎようとしています。過ぎ去った半年に感謝し残り半年の無病息災を祈願する、夏越の大祓えの神事が車折神社でも執り行われ茅の輪くぐりをしました。 輪の正面からくぐり左へ回り、次に8の字を書くように右に回り、最後に正面からくぐります。 茅を抜かせてもらって、小さな輪を作り玄関などにさげ、おまじないにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 17:57
平成十八年二月二日 小倉百人一首「時雨殿」
平成十八年二月二日 小倉百人一首「時雨殿」 小倉百人一首発祥の山荘「時雨亭」があった小倉山近くに「時雨殿」が先月27日にオープンしましたので行って来ました。受付で携帯ゲーム機「時雨殿なび」を借り、床の画面の巨大かるた取りや、京都の空中散歩をしたり、壁 の百首のパネルに近づくと、その歌の朗詠と解説が聞けたり、また歌人とのかるた取りに挑戦したり、色々と楽しんで来ました。 任天堂の技術が駆使されていて、子ども達や若い人達がゲーム感覚で百人一首に親しめるので、いいきっかけ作りになると思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 15:01
平成十八年一月十一日 季節はずれのクリスマスツリー?
平成十八年一月十一日 季節はずれのクリスマスツリー? 眼下に京都の町並みが見下ろせる愛宕山の山頂。この山頂からの眺めは、登山の疲れを癒してくれます。 ふと見ると、山頂の大木にこんな形の残雪を見つけました。木登りする犬?熊?クリスマスツリーのデコレーション?偶然とはいえ、何度見てもなかなか面白いです。自然界が作り出す技ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/11 14:58
平成十七年十二月十五日 おいしい干し柿できました
平成十七年十二月十五日 おいしい干し柿できました 京都西陣にある主人の実家の柿は渋柿で二年に一度、枝いっぱい、たわわに実をつけます。十一月に皮を剥き吊るしておいた渋柿は、いっぱいの陽を浴びて甘い甘い干し柿になりました。 子どもの頃、祖母の家で、干し柿をおやつに食べた懐しい想い出が蘇ってきました。 「陽をふくみ甘さ増しゆく柿すだれ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/15 14:50
平成十七年七月三十一日 愛宕神社「千日詣り」
平成十七年七月三十一日 愛宕神社「千日詣り」 愛宕山の山頂に火伏せの神様を祀った愛宕神社があり、7月31日から8月1日にかけてお参りすると、千日参ったのと同じご利益があると言われています。標高924mの山上の神社を目指し人々の列が夜通し続きます。「お登りやーす」「お降りやーす」「頑張って」と声を掛け合いながら参拝者がすれ違い、心が通じ合います。3歳までにお参りすると一生火難にあわないという言い伝えもあり、小さな子供も手を引かれながら、一生懸命お参りします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/31 14:29
平成十七年七月十六日 祇園祭「宵山」
平成十七年七月十六日 祇園祭「宵山」 祇園祭山鉾巡行前夜の宵山に出かける前に、浴衣姿のお客様が、嵐山散策とお買い物に立ち寄って下さいました。今年の宵山は、11年ぶりに土曜日と重なった事もあり52万人の人出が四条通りを埋めつくしたそうです。テレビでその様子を見ておりましたが、暑さと人の熱気が伝わってきました。梅雨明けも、もうすぐ。本格的な京の夏の到来です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/16 14:26
平成十七年六月三十日 夏越の大祓式「車折神社」
平成十七年六月三十日 夏越の大祓式「車折神社」 芸能の神様で知られる車折神社の茅の輪をくぐり、過ぎた半年間に感謝し、残り半年間を無事に過ごせましようお願いをしてきました。人形の紙に名前を書き息を3回吹きかけ罪や汚れを移し、夜に行われます神事で焚き上げていただきます。また、今日は京都の和菓子「水無月」を口にする日です。平安時代、宮中で氷室の氷を口にし暑気払いをしたそうで、この氷に見立て三角にかたどり、疫病の払いに小豆がのせてあるのが、水無月です。無病息災を願い、頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/30 14:24
平成十七年六月十五日 藤森神社「紫陽花苑」
平成十七年六月十五日 藤森神社「紫陽花苑」 近畿地方は11日に、入梅しました。雨が木々をぬらし緑がいっそう深まりました。梅雨に似合う紫陽花が美しい藤森神社の紫陽花苑に行って来ました。1500坪の苑内には3500株の紫陽花が、色鮮やかにしっとり咲き誇っていました。実家の近くにあるこの神社は、子どもの頃からよくお参りし、特に五月に催されるお祭りがたいへん楽しみで、毎年五月五日に行われる「駈け馬(かけうま)神事」は、よく知られています。母の句『神鈴の音色に育つ七変化』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/15 14:23
平成十七年二月二十三日 春一番
平成十七年二月二十三日 春一番 梅の便りが届き、寒さももう少しの辛抱です。梅宮大社の梅もそろそろ咲き始めました。朝は厳しく冷え込みましたが、春一番が吹き、日中の日差しの暖かさに、春が近いことを実感しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/23 14:13
平成十七年二月二日 雪の渡月橋
平成十七年二月二日 雪の渡月橋 明日は節分、あさっては立春。「春」と聞いただけで心は軽くなります。でも、寒さは今が一番厳しい時期です。未明から雪が降り出し京都市内でも、10cmの積雪でした。嵐山もすっぽり雪に覆われました。渡月橋から望む法輪寺も雪でかすんでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/02 14:11
平成十七年一月九日 恵比須神社「初ゑびす」
平成十七年一月九日 恵比須神社「初ゑびす」 東山にある恵比須神社(えべっさん)の宵ゑびす祭に、お参りに行き今年の福をお願いして来ました。特に10日は、10日ゑびすで、縄手通りが、参拝の人達でいっぱいになります。残り福を頂く人で12日まで賑わいます。本殿参拝にも、しばらく順番に並び、鈴も鳴りっぱなしでした。商売繁盛の吉兆笹など縁起物は、福娘が、授与して下さいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/09 14:10
平成十七年一月二日 渡月橋と日の出
平成十七年一月二日 渡月橋と日の出 元日は、あいにくの雨で初日の出を見ることが出来ませんでした。今日は、良い天気に恵まれ素晴しい日の出を拝むことが出来ました。元日には、雪の降りしきる寒い中、天龍寺の除夜の鐘をつき、心にしみわたる鐘の音を聞きながら静かに手を合わせ平穏な一年であります事を願いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/02 14:08
平成十七年一月一日 あけましておめでとうございます
平成十七年一月一日 あけましておめでとうございます 新しい年が良い年でありますように。「なごみはんの一言」もお蔭さまで一年を迎えることができました。今年も元気に頑張ります!新年のお祝いに「大福梅」をお茶に入れて飲み、今年一年の健康を祈りました。大福梅は、北野天満宮の梅林で採集された梅干で毎年十二月に授与されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 23:00
平成十六年十二月五日 庭のもみじの落葉
平成十六年十二月五日 庭のもみじの落葉 朝から強い風邪と雨で庭のもみじもずいぶん散ってしまいました。11月27日に、近畿地方では「こがらし1号」が吹きましたが、それ以来の強い風でした。 落葉も風情があって、これまた、美しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 14:02
平成十六年十二月四日 落葉の宝厳院
平成十六年十二月四日 落葉の宝厳院 紅葉の美しさを、たっぷりと堪能させてくれたもみじも、そろそろ落葉の時期となりました。散り行くもみじもまた美しく、散り積もった様子は、まるで錦のじゅうたんを敷いたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 14:01
平成十六年十二月一日 渡月橋と紅葉の嵐山
平成十六年十二月一日 渡月橋と紅葉の嵐山 今日から師走。今年は、紅葉の時期に穏やかな天候が続いていますので、嵐山もこんなに美しく、渡月橋とのバランスがたいへん見事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 14:00
平成十六年十一月三十日 宝厳院「参道」
平成十六年十一月三十日 宝厳院「参道」 北門から正面入り口までの参道は、今、紅葉真っ盛りのもみじのトンネルが続きます。足元には小さな水のせせらぎがあって、真っ赤なもみじを映しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:59
平成十六年十一月二十九日 天龍寺塔頭寺院「 宝厳院」
平成十六年十一月二十九日 天龍寺塔頭寺院「 宝厳院」 近年140年ぶりに一般公開され、もみじの美しさで有名な宝厳院。北門のもみじが朝日に真っ赤に照らされたいへん美しいです。今年初めて夜間特別公開されましたので、拝観に行って来ました。暗闇に浮かび上がる様子は、幻想的な美しさでした。朝のもみじも、夜のもみじも素晴らしです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:56
平成十六年十一月二十四日 天龍寺中門より紅葉の嵐山を望む
平成十六年十一月二十四日 天龍寺中門より紅葉の嵐山を望む 紅葉の便りが届く季節となりました。ここ嵐山も見頃となってきました。近くには、紅葉の美しいお寺が数多くあります。この時期、お店をさせて頂いている私にとって、とても残念なことには、早朝の散歩の時にしか紅葉の美しさを見ることが出来ません。でも、早朝は、お人が、少ないので紅葉を撮るのには、ラッキーですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:55
平成十六年十一月七日 天龍寺旧境内より埋蔵物発掘
平成十六年十一月七日 天龍寺旧境内より埋蔵物発掘 足利尊氏が政敵の後醍醐天皇を弔う為に建立した天龍寺の旧境内を、今年8月から発掘調査していた京都市埋蔵文化研究所が、現地説明会を行いました。なかなかそのような埋蔵物を間近で拝見する機会もないので、早速行って来ました。説明によりますと、尊氏建立の後醍醐天皇廟の鳥居跡と見られる遺構が見つかったそうです。直径約2m、深さ約1mの大型の柱穴が鳥居跡で、他の柱穴はそれに連なる柵列とみられるそうです。尊氏が天皇の怨霊を恐れた事をうかがわせる貴重な発見との事でした。怨霊が本当にあの世から攻めて来るとでも思ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:52
平成十六年十月二十一日 「桂川 増水」
平成十六年十月二十一日 「桂川 増水」 台風23号は、10月20日午後6時に近畿に最も接近し京都でも強い風と激しい雨に見舞われました。桂川が増水であふれ出し、渡月橋が通行止めとなりました。渡月橋の川沿いの道路にまで水が流れ込み、付近のホテルや料亭などが浸水する被害が出ました。21日の早朝には、すっかり水もひきましたが、濁流で流れ着いた泥や屋台の一部、流木などが散乱し豪雨の恐ろしさを目の前にいたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:50
平成十六年十月十七日 「斎宮夢行列」
平成十六年十月十七日 「斎宮夢行列」 斎宮が任命を受け、都から伊勢へと向かった旅を再現した「斎宮夢行列」がおごそかに行われました。その昔、野宮神社で身を清めた斎宮は、渡月橋上流の大堰川の水で手を清める「みそぎの儀」の後、数日かけて行列し、伊勢神宮にお仕えしたそうです。さわやかな秋空の下、十二単の斎宮代がひときわ美しく、王朝絵巻の再現に見物の人達もうっとりして見入っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:49
平成十六年十月六日 「愛宕さん」お参り
平成十六年十月六日 「愛宕さん」お参り 標高924mの愛宕山、その頂上に火伏せの神様を祀った愛宕神社があります。毎年7月31日夜半の千日詣りの、夏の闇夜に点々と連なり浮かぶ灯りは人々の信仰の深さを表しています。山麓の清滝からの道のりを、一丁毎にお地蔵さんが迎えてくれます。お助け水で手を洗い、三合目、五合目、七合目、水尾分れの小屋で休憩をし、約2時間かけ、たどり着いた山頂は、凛とした空気が漂っていて、疲れを一気に吹き飛ばしてくれました。お参りの後、台所に貼る「火迺要慎」のお札を頂きました。山頂でいただくおにぎりの美味しかったこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:46
平成十六年八月十八日 町内の「地蔵盆」
五山の送り火がすんだ京都では、8月23日・24日、地蔵菩薩の縁日に地蔵盆が行われます。最近では前後の土・日などにする町内もあります。お地蔵さんに新しいよだれかけをして、餅・野菜・花などをお供えします。和尚さんのお経が終わると、お菓子をもらって、金魚すくい・福引などしてお地蔵さんの前で皆で遊びます。私の子供の頃は、近所のおじいさんやおばあさんも一緒に念仏を唱えながら、5mほどもある大数珠廻しをしたものです。最近は子供も少なく静かな地蔵盆ですが、夏休み最後の楽しい行事であることは、今も昔も同じです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:36
平成十六年八月十二日 嵐山「鵜飼い」
日中はまだまだ厳しい暑さが続いていますが、夕方になると、涼しい風が吹き、少しほっといたします。午後7時、あたりが薄暗くなった頃、鵜匠が船底をたたく音がコンコンコンと嵐峡にこだまします。真っ赤な篝火を焚いた鵜飼いの船がゆっくりゆっくり、大堰川をこぎ進みます。古式漁法で鵜匠が巧みに鵜を操る鵜飼いは、平安時代から続く嵐山の夏の風物詩です。(7月1日から9月15日まで)少しずつ秋の気配のする涼しい川風を感じながらの、ゆったりしたひと時でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:34
平成十六年七月十六日 祇園祭「宵山」
祇園祭の山鉾巡行前夜の宵山に、出かけました。四条通が歩行者天国となり、駒形提灯に灯りが入り、「コンチキチン」の祇園ばやしが奏でられる中、浴衣姿の人などでたいへん賑わいました。祇園祭は、千年余り昔、疫病退散を祈願したのが始まりです。17日の祭りのハイライトである山鉾巡行の先頭を務める長刀鉾の鉾先には、疫病邪悪をはらう長刀が付いています。私も、厄除けのちまきを買い求め、門口に吊るして災難除けといたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 13:31
平成十六年六月三十日 野宮神社「茅の輪くぐり」
夏越の祓(なごしのはらえ)の神事・茅の輪くぐりに行って来ました。茅で作られた大きな輪をくぐると、無病息災で過ごせると言われています。また人形を型取った紙に名前を書き献納し半年の罪や汚れを清めます。また、京都では「みな月」という京都独特の和菓子を食べます。昔、宮中では天然の氷を氷室に貯えこの日、暑気払いに口にされたと伝えられます。庶民は貴重な氷を手に入れることなどできなかったので、氷に見立てた菓子を食べ悪病を防ぎ災難を除いたそうです。三角のういろの上に小豆がのっていて、上品な甘さです。もちろん、な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:47
平成十六年六月十五日 むらさきつゆくさ
「六月をきれいな風の吹くことよ」正岡子規 この頃、とても爽やかな天気が続いています。今日も梅雨とは思えない、すがすがしい青空が広がって京都の最高気温は32度まで上がりました。ご近所のお庭の「むらさきつゆくさ」が色鮮やかに咲いています。朝咲き、午後にはしぼんで一日しか咲きません。その様子はまるで、花ことば「さびしい思い出」そのものに思えます。深みのある紫の色が、とてもはかなく、せつなく見えてなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:46
平成十六年六月七日 梅雨入り
昨日六日、近畿地方梅雨に入り、アジサイの似合う季節となりました。渡月橋のたもと、渡月亭松風閣のそばの「がくアジサイ」が雨に打たれていきいきと、可憐に咲いていました。ちょうど松風閣の庭師さんにお会いでき、お手入れのご苦労話をお聞きすることができました。さすが、お手入れの甲斐あって、立派です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:45
平成十六年五月二十八日 北海道 石狩のグリーンアスパラ
北海道 石狩のM様より、採れたてのグリーンアスパラがこんなにたくさん届きました。太陽の光をいっぱいに浴びて育ったアスパラは大変甘くみずみずしく、茹でている時も甘い香りがしました。さて、M様ご夫妻(ご主人様は82歳)は揃って写真がご趣味で、全国各地写真の旅を楽しんでおられます。3年前にご来店いただき、店の写真を撮って送って下さいました。それ以来、ずっとお便りさせていただいており、京都にお越しの際はお顔を見せて下さっています。どうぞ、いついつまでもお元気で、ご夫婦お揃いで楽しいご旅行をお続け下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:44
平成十六年五月二十三日 嵯峨祭
嵯峨祭は愛宕神社と野宮神社の祭礼です。大名行列や神輿、また神輿の先導を務め悪霊を鎮める剣鉾が町内を練り歩きます。呼び物の「剣鉾差し」は京都市無形民俗文化財に登録されています。重さ37kg、長さ5m80pもある鉾を揺らして、柄に付いている金具を鳴らしながら歩く姿は勇壮ですが、高度な技術と熟練がいると思います。外国からのお客さんや観光のお客さんも歓声を上げていました。お疲れ様でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:43
平成十六年五月十六日 三船祭
平安貴族の船遊びを再現する車折神社の三船祭が大堰川でありました。起源は今から1100年前、宇多上皇が嵐山を訪れた際に船遊びをしたことに始まるそうです。例年、竜頭船上では雅楽に合わせ優雅な舞や、また献茶、詩歌、俳諧などの船 約30隻が出て王朝絵巻のようですが、あいにくの雨で3隻だけのお祭りとなりました。霧に煙った嵐峡を、ゆっくりと進む様子はたいへん幻想的で、また違ったおもむきがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:42
平成十六年五月八日 一面に広がるマーガレット
早朝散歩の途中に一面に広がるマーガレットを見つけました。大河内山荘の山門の前を通り過ぎ、トロッコ嵐山駅から北へ少し歩いたあたり。鶯のさえずりと後方には小倉山の新緑とで、とてものどかな所です。ピンクや黄色、また八重咲きのマーガレットもありますが、やっぱり白色が花言葉「真実・誠実」にピッタリで好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:40
平成十六年四月二十五日 嵐峡 トロッコ列車
歩いて15分ほどの亀山公園の頂上より見る景色は絶景で、私のウォーキングコースのお勧めスポットです。新緑がまぶしい山々と、眼下に保津川、そしてまたトロッコ列車が、なつかしい汽笛をならしながらゆっくりと渓谷を走るのが見られます。いつまでもいつまでも、そこにいたい、そんな大好きな所です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:39
平成十六年四月十二日 桜の若葉
今日、京都では、最高気温が27.4度と夏日となりました。桜の若葉も青々としていて、早くも、季節が春から初夏へと移ろいでいるのを感じました。。山の木々の若葉も、とても鮮やかな緑で、また吹く風も爽やかで、心地のよい一日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:38
平成十六年四月七日 北海道からのお土産「三方六」(さんぽうろく)
北海道空知郡よりS.T様が再来店下さり、お土産をいただきました。北海道開拓時代、開墾のための伐採が行われ、建築用の木や、燃料用の薪とされました。木口のサイズ三方が、六寸(約18p)であったため「三方六」と呼ばれ、それにみたてたお菓子だそうです。おいしくいただきました。お客様からお土産を頂くなんて、たいへん幸せに思いました。ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:37
平成十六年四月六日 嵐山「さくら」
この数日の冷え込みで、桜の花が散らずにいてくれています。嵐山にお越しのお客様に見頃を見ていただけたので、本当によっかたと思います。桜に「ご苦労様!」。一昨日は、夕方まで雨が降り続きましたが、お蔭さまで、たくさんのお客様にご来店いただきました。ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:35
平成十六年四月一日 嵐山「さくら」
雨が降ったり、強い風が吹いたりすると、花は散ってはいないだろうか、と心配してしまいます。(いらんおっせかいでしょうネ)昨日はかなり強い風でしたが、散らずに頑張っていたようで、安心しました。今度の土曜日、日曜日までもう少し頑張って! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:34
平成十六年三月二十八日 嵐山「さくら」
日の出とともに、朝日に照らされ光り輝く渡月橋。凛とした空気の中、桜の花も咲きほころんできました。散歩の帰り道、鶯の澄んだきれいなさえずりを聞きながら、この地に住まう幸せを感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:33
平成十六年三月二十六日 嵐山「さくら」
一昨日と昨晩の雨で桜の蕾も、ずいぶんふっくらしてきました。冬色だった山も、所々ほんのりピンク色になってきました。待ちに待った春の到来です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:31
平成十六年三月二十四日 嵐山「さくら」
京都で桜が開花!平年より1週間早く、去年より4日早いそうです。ゆっくり咲いて、長く楽しませてほしいと、思います。どうか、開花中はおだやかな天候でありますように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:30
平成十六年三月十五日 嵯峨釈迦堂「お松明式」
春を告げる嵯峨釈迦堂のお松明式は「大文字送り火」「鞍馬の火祭り」とともに、京都三大火祭りです。境内に立てられた、三基の大松明が燃える炎の勢いにより、その年の稲作の豊凶を占ったとされます。今も、嵯峨の人たちの心の中に行き続けている郷土の伝統行事です。夜8時30分、一斉に点火する様子は、壮観、神秘的で、思わず手を合わせました。残念ながら、お松明の写真を撮ることが出来ませんでしたが、心の中に焼き付いています。豊作でよい年でありますように・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:29
平成十六年三月七日 梅宮大社の梅「思いのまま」
小雪のちらつく中、梅宮大社で「梅産祭(うめうめまつり)」がありました。“うめ”にちなみ、安産、子宝を願う妊婦さんたちが、参拝していました。梅苑には「思いのまま」という、1本で紅白を咲き分ける珍種の梅があり、見てきました。白梅の中に、紅い梅がぽつぽつと咲いていました。紅く咲く枝は、決まっていないそうで、年によっていろいろ、思いのまま、咲くようです。面白いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:26
平成十六年二月二十五日 北野天満宮「梅花祭」
学問の神様、菅原道真をまつる北野天満宮(京都の人は、北野の天神さんと呼んでいます)で、「梅花祭」がおこなわれました。紅白の梅が咲く境内では野点の席が設けられ、近くの花街・上七軒の芸妓さんや、舞妓さんがおもてなしをしました。あでやかな姿でお点前される様子にうっとりしながら、お抹茶をいただきました。皆さんとっても、べっぴんさんでした。 境内の約2000本の梅の木の梅は、梅干にされ、元旦にいただく大福茶用の、大福梅として、12月に参詣者に授与されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:13
平成十六年二月十四日 春一番
午前中は、ぽかぽか陽気で、なんとなく小鳥のさえずりも、春を告げているように聞こえました。しかし、午後からは、春一番が吹き、また雨も降り出し大荒れの天気となりました。温かい日と寒い日をくりかえして、少しずつ、「春」に近づいていくのですね。庭の沈丁花の蕾もずいぶんとふくらんできて、春が待ち遠しいようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:11
平成十六年二月八日 虚空蔵 法輪寺「針供養」
「十三まいり」のお寺で知られている法輪寺で針供養がありました。これまで、お世話になった針に感謝し、一生懸命働いてくれた針に休んでもらおうと、特製のこんにゃくに大きな針をさして、裁縫や手芸上達を祈願する行事です。豆腐に針をさして供養するお寺もあったりして、軟らかい物で、針をねぎらうようです。興味深い行事で物を大切に思う気持ちを再確認しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:09
平成十六年二月三日 天龍寺「節分祭」
初春の嵯峨の行事、天龍寺「節分祭」へ行って来ました。七福神をまつる七ヶ所のお寺を、七福神参りし、今年の絵馬の付いた、福笹に七色のお札を付けていただきました。この福笹は、開運厄除けとして、玄関などにおまつりします。また、温かい甘酒の接待や、福引、威勢のよい大福豆の豆まきなどもあり、和み座のお客様や、皆の、今年一年の家内安全を、祈願してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:07
平成十六年一月二十一日 京都:東寺「初弘法」(はつこうぼう)
大寒の今日、東寺さんの今年初めての縁日、初弘法へ行ってきました。昔懐かしい骨董品、古布などを売るたくさんの露店が並び、大勢の人で賑わっていました。(弘法さんは、毎月21日に行われる縁日です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 01:00
平成十六年一月十二日 祝・成人
天気も最高!「おきもの」も最高! お世話になった方々に、笑顔と感謝の 「ありがとう」を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 00:53
平成十六年一月一日 あけましておめでとうございます
あけまして おめでとう ございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/01 00:39

トップへ | みんなの「京都」ブログ

なごみはんの一言 京都のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる